頼れる存在

会社経営には欠かせない事業資金ですが、業績や事業内容によって早急に調達する必要が出る場面もあります。すぐにお金が用意できる方法といえば、ビジネスローンやファクタリングが挙げられます。調達方法には幾つかの種類がありますので、しっかりと把握していきましょう。

事業資金を調達する代表的な方法

銀行融資

銀行から直接借りることが一般的です。審査期間は1、2か月程度はかかってきますし、審査も厳しいというケースが多いです。ただ、審査が通れば好条件で融資を受けられます。

家族や知人から

親族や知り合いから借金をして用立てることもできます。その際は利息や返済期間などをしっかりと提示して、借用書を書きましょう。トラブルに発展すれば縁が切れてしまいますので、慎重に確実に返済計画に則って返していきます。

国民政策金融公庫

政府主導の金融機関になりますので、金利が安く、さまざまなプランがあることが特徴です。とくに中小企業にとってメリットが大きい融資が受けられます。審査期間は1か月程度が目安で、その後は都度業績報告が必要です。

ビジネスローン

審査が比較的ゆるく、また最短では即日で融資してくれますので、銀行などから資金を用意できなかった場合にとても助かるはずです。ただし、その分金利は高くなる傾向があります。

ファクタリング業者から

ファクタリング業者へ売掛金や手形などの債権を売却することで現金化することが可能になります。キャッシュフローに問題を抱えている企業には有益な方法となります。

ファクタリングが人気

黒字経営でもキャッシュフローに問題があると倒産してしまう危険性があります。売上金の入金にはタイムラグが発生するため、場合によってはリスキーなものになるのです。しかし、ファクタリング業者のサービスを活用すれば、立て替えてもらえますので安定した経営を目指せます。

主なファクタリング業者の種類を比較

2社間

売掛金の相手先には知らせずに、ファクタリング業者と依頼主である企業との2社の間での取引する方法となります。

3社間

売掛金の相手先、ファクタリング業者の3社間で取引する方法です。2社間よりも手数料が安く利用できることが多いです。

[PR]
資産運用セミナーの情報を紹介
資産運用をはじめよう

スピーディーに事業資金を調達するための方法を覚えよう

クレジットカード

悩みとなる

事業を円滑に進めていくためには、資金が必須となります。資産運用のセミナーに参加するなどして、勉強して実践していくことも重要です。しかし、事業内容やタイミングによってはお金を上手に回していくことが難しい場合もあります。借金をする方法もありますが、メリット・デメリット両方ありますし、状況によっては融資が受けられなかったり、間に合わなかったりすることも珍しくありません。しかし、ファクタリングなど借金をしないで資金を調達することも可能です。リスクの点からも安心できますので利用してみる価値は高いといえるでしょう。

お金の悩みにお答えします!

売掛金がないのですが資金が早急に必要です

即日融資が可能なビジネスローンが便利です。しかしビジネスローンを利用していくことで、今後は銀行融資が通りにくくなる可能性があることも忘れないようにしましょう、

安心してお金を借りたいのですが

国の機関である日本政策金融公庫やメガバングなどの銀行であれば、信頼性も高く金利も低いため、安心してローンを組むことができるでしょう。

売掛金はあるのですが、資金が足りないです

ファクタリング業者を利用すれば、審査が通り次第すぐに融資可能です。銀行融資への影響もないためメリットは大きいでしょう。

[PR]
事業資金の調達方法を徹底解説!
事業拡大を検討しているなら注目

[PR]
イーキャピタルって一体なに?
投資をはじめたいなら要チェック!

広告募集中