子供の負担になりたくない|快適に過ごせる老人ホームを探そう

婦人

豊かな老後のための施設

男女

施設を訪問して決める

豊かな老後を送るために利用するのが老人ホームです。有料老人ホームの場合は都道府県へ届け出る必要があるので、老人ホームの情報を調べるには自治体の窓口に問い合わせます。全国で5000ヵ所以上もあるので、自分が入居したいエリアの老人ホームのパンフレットを取り寄せて、比較検討することが大事です。お金を支払って入居するのですから、少しでも良い老人ホームを選ぶようにします。パンフレットなどを比較する場合は、立地条件をよく見ることです。一番大事なのは家族の近くに住むか、遠方でも構わないのかという点です。遠方でもよい場合は選択肢が増えます。料金や費用についても調べます。老人ホームによって一時金の額が違います。無理なく支払えて、毎月の金額が負担にならない所を選びます。また返還金制度がある老人ホームを選ぶようにします。もしも経営がうまくいかない時の場合に備えて、入居一時金がきちんと保全措置できているかもチェックします。保全措置ができていれば、もしホームの運営が行き詰まった時に一時金を返して貰えます。このようにパンフレットで比較したら、いくつかの老人ホームを選んで実際に訪問してみることが大切です。その時に居室の広さや浴室やバスや洗面台などの設備が充実しているかどうかをチェックします。また共用部分に食堂やリビングなどが用意されているかも確認します。最後にチェックするポイントは老人ホームのスタッフの態度や雰囲気です。笑顔がたくさんある所なら安心して入所できます。